Praise the Lord 本文へジャンプ
今日のわか ちあい



Murrieta, CA  温泉と椰子の木の街
♪Today's Sharing♪

Feb. 2014

聖書のことばを通して
生活のなかで示されたことや
インスピレーションが
与えられたことを一言
ハーモニー:スタバで茶をするNY警官 なぜ女性はおしゃべりなのか 2千年前の感染症対策 自分の名の由来を聞 いたらショックでした
自閉症の息子を持つ牧師の希望 いろんな良心 ホームレス・アウトリーチ:誰に向かってするのかチ
オールマイティ 苦手がこうじて益となる

Feb. 26, 14 "苦手がこうじて益となる"

「ところが、主が言われた、『わたしの恵みはあなたに対して十分である。わたしの力は弱いところに完全にあらわれる』。それだから、キリストの力がわたしに宿るように、むしろ、喜んで自分の弱さを誇ろう。だから、わたしはキリストのためならば、弱さと、侮辱と、危機と、迫害と、行き詰まりとに甘んじよう。なぜなら、わたしが弱い時にこそ、わたしは強いからである。」 第2コリント人への手紙12章9-10節
 
 私はITは苦手です。スマホも最低限しか使いこなしていません。パソコンで何かが作動しなくなると、電話でのカスタマーサービスが必ずしもあるとは限らない、自分でサイト上のQ&Aを見て調べなければならない場合もあり、あっという間に解決策を探していて、本日も5時間経ってしまいました。今まで出来ていたことが、ソフトをUpdateしろというのでしてみたら、作動しなくなったのです。この時間の無駄を思うと非常に落胆します。
 苦手な分野だけでなく、新しいことをするのにも苦労を要します。仕事において、新しい業務に関わるとき、教えてくれる方がいれば本当に効率的に習得できるものです。しかし、最近は引継ぎの人がもう辞めていない、自分で過去の書類を見て人に聞いて全てやるということがあり、本当に苦労しました。私の力量不足もあり、何にしても人から習わないと時間の効率が悪いのです。
 教会の運営は個々のサイズによって差がありますが、信徒の奉仕によって成り立っています。信徒が教会のために、つまり神様の愛に応答してそれぞれが喜んで分担し責任をもって働くのですが、規模が小さければ小さいほど、外注すると費用がかかる為、だいたい自分達でなんとか知恵を絞って、様々な活動に従事します。会社でも同様ですが、未知のこと苦手なことも取り組まなければなりません。得意なことを奉仕としてやるのは、ある意味信仰がなくても出来るものですし、自分の好きなことだけ教会でやりたいというのは、ある意味単なる自己実現。しかし教会は自己実現の場所ではなく、神実現の場所なので、これを理解するのは、信仰を持ってからも少し時間がかかるものです。苦手な分野は祈って神様に助けてもらうしかない。すると信仰で踏み出したことは、必ず神様は助けを与えて、なんとかなるのが不思議です。おかげで、教会の奉仕の中で未経験なことにチャレンジし、そしてそれが、実社会での仕事での経験と知識に役立ったりするので、結局恵みとなります。私の場合はHPの作成、会計の仕事等。
 原則は、神様は私たちの弱いところに働かれるのです。例え、自分に自信がなくても、無理だと行き詰るところで、信仰を働かせて(そう、信仰は働かせるものです)神様に祈る、するとその信仰を神様が見て下さり、助け導いてくれます。世の中の就職では能力がある者が用いられ、全て自分の努力と人脈で立ち向かいますので、全く逆のようです。もちろん、奉仕でも生まれつきの才能、ピアノを弾く、歌をうたう、物を創作する等々、これらは向き不向きもありますから、得意分野で奉仕をされるのは恵みです。しかし共通していることは、なんでも神への信仰と神に従うからやろうという、心の内側が問われるのです。今後も職場でも、教会でも新しいことに直面すると思うと、弱気の私は挫けそうになりますが、神様に背中を押して頂き、頑張ろうと励まされました。
Feb. 25, 14 "オールマイティ"

「アブラムの九十九歳の時、主はアブラムに現れて言われた、『わたしは全能の 神である。あなたはわたしの前に歩み、全き者であれ。わたしはあなたと契約を 結び、大いにあなたの子孫を増すであろう』。」   創世記17章1-2節

 トランプ遊びはちょっとした集まりで、子供から大人まで一緒に遊べるゲーム です。カードでオールマイティという、何のカードの替わりにもなるカードが自 分の手元に来たりすると、顔がにやっと緩み、かなり強気になれます。このよう に、オールマイティという言葉はゲームでは使われても、日常生活であまり使う 機会がないのは、そのような存在、状況が滅多にないからかと、ふと思いまし た。
 昨日、私の教会の女性の聖書の学びで、神様は全能: オールマイティな方であることを改めて学ばされました。聖書の神は私たち人間の想像を超えた力の在る、全てを統括し、時空を越えた方であると。私として は、もし神が人間のような感情を持ったきまぐれな神だったり、人に木や石で形 造ってもらう必要のある、人間の想定内でしか行動できるような力のない神だっ たら、頼りにならないし、信じるに値しないと思います。ましてや、人間が死ん だら急に不思議な力を持って、生きている人間を守る、もしくは危害を加えるこ とが出来るとすると、もし人間がそんな力を持っていれば、生きている時から超 自然的なことが出来るはずではないでしょうか。どこにそんな根拠があるのかと 信じられません。むしろ、私は神とはどういう方か、また危害を加える存在が人 の霊ではなく、悪霊であるということの根拠を、書き記されてから3500年以 上残っている聖書に置き、信じています。
 一方、神がそんな大きな畏れ多い存在であっても、私たちの一つ一つの小さな 問題ももちろん取り扱ってくださる身近な方であると思えるのはなぜでしょう か。神を身近に感じ、自分を愛している、と個人的に信頼関係を持つことが出来 るのは、やはり神の子であるイエス・キリストが人間のレベルに降りて来てくれ て、人としての肉体の限界も経験し、誘惑も経験し、痛みや悲しみ、死も体験し ているので私たちのレベルの問題や悩みにも同情できるはずだと納得がいくから です。ただ、私たちの願うとおりに事が進まない、叶わないのは、様々な要因、 他者との関係を含む全てを神がオーケストラされているので、答えられるタイミ ングや方法が、神のタイミング・方法となることが多いのです。
 私はすぐに祈りが聞かれなくても、神様に委ねて忍耐を持って答えを待つ、解 決される時まで待ち望む必要があると励まされました。何せ、神は死んだキリス トを復活をさせてしまう力、そしてそれを信じる者をも新しい体で永遠に生きれ るように将来復活させてしまうような、死をも克服してしまう力を持っている方 ですから。そのオールマイティな方が私の小さい悩み、思い煩いも取り扱ってく れることをタイムリーに感謝して、先が見えない辛い時期もがんばろうと思わさ れました。
Feb. 19, 14 "2千年前の感染症対策"

「ひとりのらい病*人が、イエスのところに願いにきて、ひざま ずいて言った、「みこころでしたら、きよめていただけるのですが」。 イエスは深くあわれみ、手を伸ばして彼にさわり、「そうしてあげよう、きよくなれ」と言われた。 すると、らい病が直ちに去って、その人はきよくなった。」 マルコによる福音 書1章40-42節

 (*現在はらい病とはいわず、ハンセン氏病といいますが、この聖書の訳 は1950年代の口語訳で許可を取らずに自由に引用できる訳なので、この HPでは利用しています。また最近の学説では、聖書でのこの病をハンセン 氏病と特定せず、”重い皮膚病”と訳しているのもあり。)


 毎年この時期、乾燥が激しくなるとインフルエンザが流行します。ワクチンも 効かない型が出てその対策に追われているという、日本の医療現場の特集を先日 観ました。日本ではほとんどの方がマスクをして感染予防をされていますが、ア メリカではワクチンの摂取を広く呼びかける一方、医療関係の職場以外、誰もマ スクはしません。感染性のある病気は、感染拡大防止策が必須ですが、国によっ て対応が異なるようです。
 今日読んだ聖書の箇所は、2000年前医学が未発達で、感染性の病気にか かった人への対応は、隔離するしかなかった時代です。この皮膚病にかかった人 は当時の法律で町には入れませんでした。しかし、この人はそんな法律を無視 し、必死で癒す力がイエスにはあると信じて、町にやってきてイエスに癒してく ださいとお願いしたシーンです。私はここで、イエスが深くあわれんでというこ とばがヒットしました。イエスのもとへ、当時の医療がなく、病気で苦しむ人た ちが毎日治して欲しいと押し寄せてきましたが、来る人は全て癒されました。
 この皮膚病は人の罪を表す型として解釈されます。この思い皮膚病はほおって おくと拡大し、人にも感染し、そして死に至るように、私たちの心の内側の苦い 思いや、神を信じない心は他者にも感染し、ほおっておくとどんどん、不信仰に なり、そしてついには死に至るからです。その死は肉体の死にとどまらず、死ん だ後の魂の死にまで影響すると聖書は書いてあります。イエスはそうなってほし くないから、天の神が、イエスを人としてこの世に送られました。私たちが罪の 感染で死なないために。
 自分が病気だと自覚しない限り、医者へは行かないし治療も受けようと思わな いように、自分に問題があって、自分ではどうしようもないと自覚しない限り、 イエスのもとに行こうとしません。人は誰でも、自分が悪いとか、自分に非があ るのを認めたくないプライドがあります。だからといって自己卑下を推奨しては いません。私たちはどんなにプライドで自分を正当化しようとしても、完璧な人 間ではありません。欠点もあり、弱い部分は必ずあるはずです。特に、他者を愛 するという点で全ての人が弱いはずです。それら全てを含めて、自己防衛でつっ ぱっている私たちをかわいそうに思って、癒して下さるのがキリストです。キリ ストは強制したり、脅して”来い”とは言われません。そして、その弱さを責め るために来られたのでなく、かわいそうに思い、赦して、清め、問題を解決に導 くために来られたのです。あくまでも自発的に、イエスってどういう方なんだろ う?と知ろうとするところから始まります。クリスチャンになった後も、私も 日々、自分の失敗により、神の前に正しくないと(感情ではそう認めることに超 抵抗しますが)悔い改め、イエスの下にいって、赦され仕切りなおしています。 そして新たに清められ、前進できるのが幸いです。
Feb. 16, 14 ホームレス・アウトリーチ:誰に向かってするのか

「そのとき、正しい者たちは答えて言うであろう、『主よ、いつ、わたしたち は、あなたが空腹であるのを見て食物をめぐみ、かわいているのを見て飲ませま したか。 いつあなたが旅人であるのを見て宿を貸し、裸なのを見て着せましたか。 また、いつあなたが病気をし、獄にいるのを見て、あなたの所に参りましたか』。すると、王は答えて言うであろう、『あなたがたによく言っておく。わたしの 兄弟であるこれらの最も小さい者のひとりにしたのは、すなわち、わたしにした のである』。」マタイによる福音書25章37‐40節

 今日は教会の小学生向け日曜学校に助手として参加しました。先生は聖書の箇 所から、子供達の生活の中で理解できるようにイエスの教えを説明していまし た。

教師 「もし学校で、お弁当を忘れた子がいたらどうしますか?」(ちなみにこ この小学校は給食がでない)
生徒A 「お祈りする!」
教師 「お祈り。。それもいいけど、目の前にランチがない子がいたら、少し自 分のをわけようかなとか、思いませんか?」
生徒B 「学校では自分の弁当を人に上げてはいけないと言われてます。アレル ギーがあるかもしれないから」
教師 「なるほど。。。。。では、たとえば病気のお友達がいて、学校にこられ ないとします。その人のために何ができますか?」
 このような問答を通して、クラスの最後には、彼女らは教会が関わっているイ ンドの孤児の子供達に手紙を書きました。

 アメリカのような裕福な社会、また困っていたら生活保護を申し込めばすぐ出 る国では、食べ物・洋服がない人、牢獄にいる人に接する機会は、子供も大人も 地域によってはまれかもしれません。今日の教えは、本当にイエスを信じていた ら、どんな小さなことでも、困っている人を生活の中で助けられる、つまり行い として現れるはずで、またその助けた相手が実は神の家族、兄弟かもしれない、 するとイエスに向かってしているのと同じなのだと。
 昨日、雪が舞う土曜の昼、私たち教会のメンバー16人くらいでホームレス・ アウトリーチという活動をしました。この教会は時々、地域のためにこのような 活動をするそうで、目的はただ物を渡すだけでなく、彼らにイエス・キリストの 愛を示す、また相手が心を開けばイエスを紹介するよう、副牧師より指示を与え られ、グループに分かれ、私は皆さんと、グランド・セントラル駅に出かけまし た。ここは大きな駅で、構内にフードコートや通路に、寒さを逃れてホームレス がたくさんいるので、彼らに手作りのサンドイッチ、靴下と洋服、そしてクリス チャンが経営しているシェルターの情報を渡すために回りました。当初私はホー ムレスに話しかけた経験がなく、その人のためにどうお祈りすればいいの か、、、と心もとなく。NYCは地下鉄の中にも、構内にも、公園にも道路に も、ホームレス、物乞いの人であふれています。普段の生活の中で気にはなって いても、彼ら全員に会うたびにお金をいちいち上げていたら、きりがないほど街 の至るところで見かけます。そこで、こういう教会での活動があれば、皆に付い て行き、出来ることをしようと祈って参加しました。
 私たちが接したホームレス人々の8割は、普通に話すし、感謝して、お祈りし ていいかというと、どうぞどうぞと、私たちは彼らに手をおいてイエス・キリス トの皆で、彼らの必要を祈り、またぜひシェルターに行くように薦めました。涙 を流して自分のことを話している男性もいました。「悪魔がUFO?を送って、 我々を襲うから、あんたも気をつけて!」という女性もいました。物はもらって も、シェルターは絶対いやだ、お祈りも結構、金をくれという人、話しかけると パンチされそうになるケースもあり、いろんな方がいるので必ず男性も含むチー ムで行う必要があると、経験して思わされました。
 私は初めてで緊張していたのもあり、不自由な英語で彼らに名前を聞いて、話 しかけ、そしてお祈りするということをしていたら、「イエスに対してするつも り」でという大事なことをすっかり忘れていました。すると、翌日の日曜日、計 らずも、それも子供の学校で神様は私にその意味を思いださせてくれたのは感謝 です。次回は、もう少し余裕を持って参加したいと。
Feb. 14, 14 いろんな良心

「力の限り、見張って、あなたの心を見守れ。いのちの泉はこれからわく。」
箴言4章23節

 ニュースを見るにつけて時々恐ろしい、残虐な事件が報道され、心が痛みま す。児童虐待、殺人、強姦。犯人はいったい良心があるのか?良心が麻痺してい ると思われたことがあると思います。
 日本語では「良心」といいますが、ギリシャ語、ラテン語系ではこれに相当す ることばはもっと深い意味があるそうです。英語で良心のことを「コンシェン ス」といい、これは「と もに知る」という意味で「ともに」というからには自分だけではなく、他者の基準も関わります。人それぞれ他から影響受けた善悪の基準を持ち、その基準にあ わせてそれを守ったどうかを裁決するのが良心の機能です。すると、ある人の中 では人を残虐に殺すことについて、良心がとがめないのも、その基準が狂ってい るから、もしくは良心がとがめていたとしても、その咎めを無視し続けると、結 局良心が機能不全となり麻痺してしまうのです。
 「心を見守れ」と本日の箇所はいっています。心といっても簡単に定義しにく いものであり、良心が心の全部ではないし、一部であるので、良心がその人の心 に与える影響は悪い影響もありえます。なぜなら、聖書にも「正しい良心」「邪 悪な良心」という表現が出てきますように、その心を責める基準が人によって異 なるため、それを守ったかどうかの裁決も相対的となる。すると必ずしもその責 める良心が、心にいいとは限らないわけです。
 どのように心を守るか?聖書は「人のすべての考えにまさる神の平安が心と思 いを守る」といっています。神の平安は良心にも影響します。まず神の平安が人 の想定外のものであること、つまり、神が作り出す平安は、人が一般に安心と感 じる状況や環境に左右されない、キリストにあって心の深いところで持てる静か な気持ち、大丈夫だという安心感です。これはイエス・キリストにあって持てる もので、一度もらったらおしまいではなく、一生涯持ち続けようという人間側の 意識が必要です。つまりキリストを信じ続けることです。何を信じるかという と、自分が神の前に正しくない、罪があるもので、その罪が赦されるために、キ リストが償いをすべて変わりに十字架で受けて、死んでよみがえり、今は天にい ること、自分はキリストのおかげで正しいとみなされ、神の子とされ、天国へい けるいう喜びによるものです。
 キリストなんか要らない、自分の人生自分で生きるんだ、自分が善悪を決め人 生を全うしたい、死んだら終わりだから関係ないという方は、がんばってくださ い。でも、あなたに平安はありますか? 平安がないと気がついたら、イエスは こう招いています。「すべて、疲れた人、重荷を負っている人は、わたしのとこ ろに来なさい。わたしは心優しく、へりくだっているから、私から学びなさい。 そうすればあなたのたましいに平安が来ます。」マタイによる福音書 11:28−29節 あなたがどんな人でも キリストは心優しい方だから来るものをはねつけません。もし自分に存在価値を見いだせなくて落ち込んでいる人がいたら、キリストは へりくだっている方なので、あなたを蔑みません。キリストの心は私たちような 心ではなく、想像を超える広い心、愛の心です。ありのままで、キリストのとこ ろへいける。そしてキリストから学べるので、良く変えられていくという希望が ある、今希望が見えなくても、キリストを求めれば、必ず希望が見えてくる。単 純なことです。ぜひ、心を守ることを考えてみてください。
Feb. 11, 14 自分の名の由来を聞いたらショックでした

モーセは神に申し上げ た。「今、私はイスラエル人のところに行きます。私が彼らに『あなた がたの父祖の神が、私をあなたがたのもとに遣わされました。』と言え ば、彼らは、『その名は何ですか。』と私に聞くでしょう。私は、何と 答えたらよいのでしょうか。神はモーセに仰せられ た。「わたしは、『わたしはある。』という者である。」また仰せられ た。「あなたはイスラエル人にこう告げなければならない。『わたしは あるという方が、私をあなたがたのところに遣わされた。』と。」 出エジプト記3章13-14節

 10代の時、私の名前の由来である小説の主人公がどういう人かを知った時 は、正直ショックでした。なぜならその有名な小説(氷点)の陽子さんは殺人犯 の子供で、殺された子供の両親の養子となり、そのことで継母にいじめられ、あ る時自分の出生の秘密(殺人犯の子であることを”原罪”と小説では記される) を知らされ入水自殺未遂をした人。後にクリスチャンになります。えっ!私の 名ってそんな人からとったのかあと。この小説は当時”継子いじめ”ということ で話題で、映画やTVドラマになり、この名前は私の世代で多いのも興味深いで す。
 名は体を表す ということわざとおり、物や人の名前は、その中身や性質を的 確に表すことが多いのですが、最近になって私は自分の名が付けられた由来のと おりに、実は人生歩んできた面があると気がつきました。そして、この名前をつ けてくれた両親に感謝しています。なぜなら、私も一度、自分の出生の秘密:ど んなに努力してもぬぐいきれない性質:原罪を持っていて、そのことを自覚して も解決方法が見出せず、実際自殺をするほど勇気もないので、ただ生きることに 絶望していたからです。しかし、キリストを信じることによってそんな自分に希 望が与えられ、古い生まれつきの自分は霊的に死んで、神の霊(聖霊)が与えら れて新しく生きる、そして今の自分があるからです。洗礼式というのはまさにこ れを象徴し、入水して古い自分が死んだそのお葬式と、水からざぶんと出て、新 しいく生きる自分の誕生の日をかねているからです。
 ”神”というのは名前ではなく、タイトル(称号)だということを、先日の女 性の聖書の学びで改めて気がつかされました。一般的には人間が作った神々に人 が名前をつけますが、この世界を創造した真の神は、人に名前を付けてもらうよ うな、人に木や石で形作ってもらうような存在ではないのです。聖書の中で、神 が自分の名をモーセという人に紹介する箇所があります。「私の名は「私はあ る」(I Am)である」と不思議なことを言われました。これを解釈すると、 モーセが任命されたミッション:自分の同胞がエジプトで奴隷になって苦しんで いる状態から、出エジプトをさせるリーダーに選ばれた時、「そんなの自分には 無理です!」と80歳のモーセは何度も辞退しようとしました。しかし神様のこ の「ある」という名前は神様の性質を表すので、”何でもあなたが必要であるこ と、それが私で「ある」”、だから私が助けるから行きなさいと命令し、モーセ は引き受けます。
 イエスは「私は〜である」という表現で何度もご自分の性質を表されたことが ヨハネによる福音書に記されています。「私は命のパンです」、「私は良い羊飼 いです」、「私は道であり、真理であり、命である」等々、そして当時の宗教家 がイエスに「あんたはそんな若いのにアブラハム:ユダヤ人の先祖を見たの か?」と聞くと、「私はアブラハムが生まれる前から、『ある』のである」と天 地が存在する前の最初から存在する神であることも表明されました。そんなすご い神の子イエスが、私の原罪を取り除くために、代わりに十字架にかかり死んで よみがえられたのかと思うと、なんだか畏れ多いと思わされます。一方、自分は そこまでしてもらうほどの価値を神が私に見出してくれた、正確にいうと、価値 をイエスにより着せてくれたことは何にもまして感謝なことであり、このことを もって生きがいがあります。水からざぶんと出たNew陽子でよかったと。
Feb. 9, 14 "自閉症の息子を持つ牧師の希望"

 「神は、神を愛する者たち、すなわち、ご計画に従って召された者たちと 共に働いて、万事を益となるようにして下さることを、わたしたちは知って いる。神 はあらかじめ知っておられる者たちを、更に御子のかたちに似たものとしよ うとして、あらかじめ定めて下さった。」 ローマ人への手紙8章 28-29節

 先週から突然、顔の両頬に発疹ができて、みるみる内に広がって赤くはれ痛み を伴い、私は一週間苦しみました。アレルギー、アトピー反応?胃腸の問題?と りあえず医者に診てもらうと、先生はこの出方は、にきびでもないし、ウイルス 性でもかびでもない、食べ物によるものでもないと消去法で「なんらかの細菌が 皮膚から入って感染したのでしょう」と抗生物質を出されて一週間様子をること になりました。
 私は当初神様に、「ひどいじゃないですか、顔がこんなになってしまって!」 と必死に、病院にいくまでの間この痛みを癒してくださいと祈りました。すると 翌朝少し収まった状態になり、病院に行けました(もっと早くいければよかった のですがまさかこんな酷くなるとは)、今は落ち着き、神様に感謝しています。 一方でこれは何の意味があるのだろうか?と思っていたのです。
 今日の礼拝のメッセージは「すべてのことをよきに変える神」というタイム リーな内容でした。誰でも生きていると、突然の病気、失業、家族の死等々が突 発的に起こり、なぜこんなことが起こることを神は愛なのに許されるのか?と信 仰があっても思ってしまうものです。私の通うNYの教会のマイク牧師は5人の お子さんを持ち、内一人が重度の自閉症です。ことばを話せないので、あああ〜 オーと叫び、またどうしても本人のなかで何かで混乱してしまうと暴れるため、 常時誰かがついている必要があり、牧師さんご夫婦ももう若くはないのでご家族 の苦労は想像を絶します。牧師の奥さんはそんな苦労を微塵もださず、とても明 るい素敵な方です。先日、マイク牧師が息子をデイケアに送ろうと抱えて階段を 下りるとき、突然彼が牧師の上に倒れ掛かり、マイク牧師は肩が外れ、怪我をし てしまいました。マイク牧師はものすごい痛みを抱えながら、「なぜですか神 様?これじゃあ、息子の世話の負担が全て妻にかかってしまう、牧師としての活 動も限られてしまうじゃないですか!それでなくても色々大変なのに、さらにど うして?」と思ったと正直に分かち合ってくれました。しかし、そこで終わら ず、この話しのポイントでもありますが、牧師は「なぜこの事故が起こったのか はわからない、わからないけど神がよきに変えてくれると知っている、この試練 を通ることで自身の品性がキリストのように変えられていく(「御子のかたちに 似たものとしようとして」)という希望がある。だから、今後何が起こっても神 にあって大丈夫だと確信している」と。
 人はそれぞれ試練は、辛いし、起こったことを受け入れるには時間がかかるの は当然です。しかしイエス・キリストを信じる信仰を持てば、感情的な起伏が あったとしても、なぜか今わからなくても、確かなことは、この試練を通ること で、忍耐や、練られた品性を生み、そして希望を生み出すとの約束を*、心の深 い部分で理解できるようになり、その希望が試練を乗り越えられる力となるから です。これを書いた、壮絶な迫害を通ってきたパウロは「そして、希望は失望に 終ることはない。なぜなら、わたしたちに賜わっている聖霊によって、神の愛が わたしたちの心に注がれているからである。」決して失望しないと。これはキリ ストを信じていない人には、ちんぷんかんぷんなことでしょう。また、楽観的に 前向きに何でもとらえようと「大変だけど、がんばればこれを乗り越えられ る!」と自分に叱咤激励言い聞かせている方も多いでしょう。しかしそれも限界 があるのではないでしょうか。その限界に到達し、もう自分ではどうしようもな いという壁にぶちあたったら、ぜひ、キリストを求めて欲しいと願います。キリ ストをこの世に送られた真の神はどういう神なのか、キリストがどういう方なの か、聖霊とは何かを知れば知るほど、全てのことに、たとえそれがこの世的に見 て不幸せな状況があったとしても、意味を持ってくる、今までの見方が180度 変わり、確証を持って試練を乗り越えられる希望が与えられるからです。
 マイク牧師はよく、「息子さんのことを祈ってください」と会衆にも低くなっ てお願いしています。牧師だから自分の問題は信徒の前に隠さなきゃ、というプ ライドはなく、本当に謙遜な方です。この謙遜さは、自閉症のお子さんを持ち苦 労しながらも神に祈って助けられ、希望を持ち続けてこられたことによって練ら れたキリストのような品性なのだなあと、牧師さんの生き様をみて、聖書の約束 が確かだと思わされました。    *ローマ人への手紙5章3-5節
Feb. 8, 14 なぜ女性はおしゃべりなのか

「夫たる者よ。あなたがたも同じように、女は自分よりも弱い器であることを認 めて、知識に従って妻と共に住み、いのちの恵みを共どもに受け継ぐ者として、 尊びなさい。それは、あなたがたの祈が妨げられないためである。」第一ペテロ の手紙3章7節

 私は元来おしゃべりです。一般的に女性のほうが男性よりおしゃべりであると いう、科学的証拠を大学の研究チームは発表していて、一日に話す単語数の男女 差、脳内の言語に関わるたんぱく質の量の男女差等、女性はなぜ多弁なのかとい うことを裏付けるデータがあるようです。しかし、男性でも非常によく話される 方々を私は知っていますので、個人差はあるでしょう。
 男と女は同じ人間ですが、全く異なる生き物。考え方も、行動も、体の構造も 非常に異なるため、だから結婚生活は大変だと察しますし、一方でだから男女が 夫婦という互いに違うからこそ、異なる役割で補い合えるという、結婚の醍醐味 があるのではないでしょうか。神様が人を創造された時に、男女をもって家族の 単位とされた訳がうなずけます。
 本日聞いていた牧師のメッセージでは夫婦のことでした。"妻は夫に仕えなさ い、そして夫も女性が自分より弱い(これは特に体の構造上)ことを理解して、 共に住み、尊び(リスペクト)なさい"と使徒ペテロは信徒に手紙で書いていま す。この教えは、その夫婦が互いにキリストを信じて、従って生きるという前提 です。しかし、信者でなかったとしても、ちまたの心理学の本で同様のことを 言っているはずで、ただこれらは誰であれ非常に実行が難しいでしょう、神の助 けなしには。結論は、クリスチャンにとって、もし夫婦の関係をなおざりにする と、霊的な神との関係に支障をきたす、つまり、神への祈りが妨げられるという のです。
 どんな時、祈りに集中できないでしょうか?それはむかついている人、赦せな い人がいる時です。だから、夫婦仲がうまくいかず、相手を「赦せない!」とい う苦い思いがあると、神への心からの祈りを邪魔します。夫婦関係以外でもそう です。私もある人のある態度にむかつくと、しばらく頭の中で「あの人はなんで ああなんだろう!」といまいましく思ってしまい、そして「あっ、いけない、ご めんなさい」と神様に謝り、その思いを消してもらいます。相手に対する不満、 ぎくしゃくした苦い思いをちょっとでも持ち続けると、自分と神様の関係が損な われてしまうので、気をつけようと思わされました。
Feb. 3, 14 ハーモニー:スタバで茶 をするNY警官

「みよ、兄弟たちが一つになって共に住むことは、なんというしあわせ、なんと いう楽しさであろう。」 詩編133編1節

 今日も雪がしんしんと降っています。今カフェに入ってWifiをつなごう と、PCのコンセントの場所を探していると、隣の席でのNY Police の二人が(この方達は今休憩時間かと察する)座っていて、その場所を親切に教 えてくれました。彼らが立ち去る時、女性の警官の方が手袋を忘れていったの で、私が相棒の彼氏に渡そうとすると「ちょっと隠してておいてと♪」。私は 「は?」と、つまり後で彼女にとりにこさせて「ないよ〜」とふざけようとして いたのです。このスタバは特にこの近辺の警官達の休憩場所のようでよく見かけ ます。こちらでは、お休み時間に、バーガーキングで食べながら店内にあるTV で野球観戦を楽しんでいたり、制服を着ていても一般人と同じ場所でお休みを 取っているようで、すると日本の警察官はどこで休んでいるのかなとふと思いま した。どんな職業/人種であれ、人々が仲良く集まっているのをみるのは傍から みてもほほえましいものです。
 先週の週末に、私はクラシックを聞く柄ではないのですが、友人が出ていると いうのでモーツアルトのレクイエムのコンサートを聴きに出かけていきました。 開催された場所はUpper Westにある古い教会でしたが、その教会堂中の正面に大きな幕に書かれていた聖書のことばが印象的でした。「How good it is when brothers and sisters dwell together in harmony」(日本語訳上記)
 この聖書の箇所は、ユダヤ人たちがエルサレムに巡礼に上る時に歌われる歌 (都のぼりの歌)の一つです。普段遠い場所に離れ離れに住んでいる彼らは、こ ういう時に同じ民族で、同じ目的(彼らの祭りの時に定期的に世界中から、神を 礼拝するために集まる)で集まれる機会はとっても麗しい、楽しいことだったと 察します。そしていつか一つのところに皆で住みたいと願ってこの歌を歌ってい たのでしょうか。
 彼らの願いは現段階では宗教的政治的には難しく、世界の火薬庫のようにいつ 紛争が勃発するかわからないパレスチナの争点であるエルサレム(”平和の町” という意味)は、その名前とは逆の状態であります。しかし、聖書にはいつか、 新しいエルサレムが立てられる時、ユダヤ人だけでなく、全ての国民がともに一 つになって住む、そして神を礼拝できると預言されています。それが可能となる 為にキリストは2千年前にこられて、苦しまれ、十字架にかかって復活し、天国 にいて今も生きておられ、”その時”を待っておられます。このことで、現状に 関わらず、希望と慰めが与えられるのが感謝なことです。
  
inserted by FC2 system